2020年01月27日

日光東照宮〜

8月27日の続き
2019.08.27-10.JPG
表門から入口方面を撮った写真、右手に五重塔

翌8月28日朝にタイ大使館にロングステイビザの申請に行きました。
質問もなく問題なく受理されました。皆がそうかと言えば違い、隣の男性は観光ビザ申請に質問を散々受け、最終的には受理を拒否されました。
拒否されたので暫く申請は無理でしょう。結構多いらしいです。

写真は大使館の内部外部とも難しそうなので撮っていません。

2019.08.28-01.JPG
スーツケースが必要になり、アメ横に見に来ました。

2019.08.28-03.JPG
疲れたので甘味処に。
京都で行ったような記憶が有りますが、旅行でしか行かないですね。

夜は新宿でくちさん夫婦と会食です。
2019.08.28-04.JPG
洋子さんも昔に比べると随分飲めるようになりました。
御機嫌な一時です。

明日は皇居と靖国神社に行きます。
posted by きみ at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2020年01月22日

日光東照宮

8月27日から8月29日まで東京に行って来ました。

8/28に日本のタイ大使館に行ってロングステイVISA申請で9:30が指定された時間です。
前泊しなければなりません。地方出身には余計な出費です。
タイで取得が簡単なんですが、今回は日本で取得です。

折角だから、日光東照宮に行こうとなりました。

朝8時のフライトで行き、羽田から浅草へ京急電車で12:51着です。日光への電車は13時発です。
地上へ出て走り4分前に東武鉄道駅に着き、無事日光へ出発。
img_revaty.jpg
特急「リバティけごん17号」
2019.08.27-01.JPG
先ずは記念に1枚!
2019.08.27-02.JPG
表門を通り直ぐに「神厩舎」〜御神馬をつなぐ厩(うまや)
2019.08.27-03.jpg
「神厩舎」正面には猿が馬を守ると言われているサルの彫刻。
「見ざる・言わざる・聞かざる」の三猿の彫刻も有ります。
2019.08.27-04.JPG
国宝の「陽明門」〜故事逸話や聖人賢人など500以上の彫刻が施されています。
2019.08.27-06.JPG
「神輿舎」3基の神輿。
左が源頼朝、中央が徳川家康、右が豊臣秀吉。天井には狩野弥右衛門作の「天女舞楽の図」
2019.08.27-07.JPG
国宝の「眠り猫」 左甚五郎作と言われています。
2019.08.27-09.JPG
これも国宝「唐門」
「許由と巣父」や「舜帝朝見の儀」など細かい彫刻が施されている。
・・・のですが、「許由と巣父」や「舜帝朝見の儀」が何であるかが分からない〜〜。
posted by きみ at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年01月12日

直樹の墓参り

今日は直樹の月命日なので墓参りに行って来ました。
タイに行っていた為に10月12日以来です。

2019.01.12-16b.jpg


若し行く機会が有りましたら里塚霊園の「4期3号」です。
2019.01.12-01.JPG
36号線から来ると管理事務所を右折します。
2019.01.12-04.JPG
車で1〜2分行き右折、直ぐ右手に「4期3号」が有ります。
2019.01.12-06.JPG
「4期3号」の小さな看板から奥に進み、4列目角の若松家のお墓を右折し四基目です。
2019.01.12-09.JPG
此処です。

直樹が逝ってしまってから、もう5ヶ月も経つんですね。
亡くなってからの方が直樹の事を考える時間が多くなったように思います。
娘とLineのやり取りをしていますし、年末にも会いました。元気ですよ。
照子にも明後日会ってきます。
posted by きみ at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年12月24日

忘年会

12月21日に何時もの面子で忘年会をしました。
久し振りに寿司屋での会食。美味しかったです。
おたる政寿司 すすきの店
http://www.masazushi.net/
何度か来たことが有り、宴会コースは飲み放題付きで5,100円、6,200円、7,200円の3コースがあり。
料理も美味しく満足です。

その後はカラオケ「エルカーサ」です。一切歌わず、合ちゃんの独演会!!。
10時30分には終了し、教雄氏に迎えに来て貰い帰宅です。
2019.12.21-04.jpg

2019.12.21-05.jpg

2019.12.21-06.jpg
posted by きみ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年12月13日

四国一周 #16

12月11日に何時ものタイ滞在から帰国しました。寒いで〜〜す!

※ 続き 7/31 #3 ※

奥道後温泉宿泊〜松山空港〜帰札

何処の温泉にもある様なホテル「奥道後 壱湯の守」。
2019.07.31-30.JPG
でも露天風呂は色々と有り楽しめましたね。

2019.07.31-026.JPG
宿泊客は韓国・中国人ばっかりで、日本語はスタッフ以外の声は全然聞こえません。きっと居たのでしょうけれど、外国人の騒がしさに比べ、日本人は食事の時は比較的静かですからね。

2019.07.31-027.JPG
こちらは中国人でしょうか?社員旅行って雰囲気ですね。
年配者は酔っぱらっており、何処の国も一緒で手前の若い女性は部屋に帰りたくて仕方ないようなのが露骨に顔と態度に出ています。

2019.07.31-028.jpg
最後の夜のビールを一気飲み

2019.07.31-029.JPG
ご機嫌な奥さんです。

札幌に帰ります。
2019.08.01-026.JPG
松山空港を飛び立って直ぐの松山市街

2019.08.01-027.JPG
瀬戸内海の何処かの島

2019.08.01-028.JPG
来島海峡大橋かと。

7月25日から8月1日までの7泊8日の四国一周でした。レンタカーでの走行距離は2,400Km。
結構きつい行程でした。もう2∼3泊出来れば良かったと思いますが、贅沢な話ですね。

昨年 九州の長崎・熊本・鹿児島・福岡と九州の拠点だけ行きましたが、こんな感じで九州一周もしてみたいなと思っています。

足腰と頭のしっかりしている内に色々な所に行ってみたいなとブログを書きながら改めて感じています。
posted by きみ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2019年12月04日

四国一周 #15

※ 続き 7/31 #2 ※
 
7月31日(火) 四国 7日目 高松⇒丸亀⇒松山(奥道後温泉)

栗林公園は良い所でした。ほぼ午前がつぶれランチは何処にしようかと、当てもなく車を走らせていると「はなまるうどん」を見つけ、即 駐車場へ
2019.07.31-017.JPG

取り立てて、アーダ―コーダと言う うどんじゃないんですけれど、地元の営業マン・工事関係者・学生・おばちゃん等々で満席でしたね。
2019.07.31-018.JPG
御馳走様でした。

食後 丸亀城へ
この時点で「おっ、結構高い所に有るんだ!」と余裕でしたが・・・。
2019.07.31-019.JPG

昼過ぎの一番暑い時間帯!
結構な登り坂できびし〜い!! 20分程度なんで問題ない距離ですが、兎に角暑〜〜〜い!
2019.07.31-020.JPG
最初の坂 此処は傾斜がきつくなく、何と言う事はないのですが、ダラダラとこれが続くと結構きつい。
これからは徐々に日陰が少なくなり、傾斜の厳しい所も増え、後半はへばりました。

城の印象よりは坂の思い出しかないです。もっと厳しい坂の城にも行っているのですが、矢張り暑さですかね。

涼しくもならず、気分だけは涼しそうな所 「うちわの港ミュージアム」で うちわ作りに。
2019.07.31-023.JPG

うちわの骨に気に入った団扇の和紙を張り付けるだけなんですが・・・。
2019.07.31-021.JPG

肝心な所はプロのおばちゃんがやってくれます。
2019.07.31-022.JPG

出来上がるまでに時間が有るので売店で団扇の御土産を
2019.07.31-024.JPG

これで四国一周の観光はお終いです。

明日 松山空港から帰札しますので、この後 松山の奥座敷「奥道後温泉」に行きます。

※ 続く 7/31 #3へ ※
posted by きみ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年11月28日

四国一周 #14

7月31日(火) 四国 7日目 高松⇒丸亀⇒松山(奥道後温泉)

観光は今日で お終いです。明日昼に松山空港から帰札します。

先ずは朝一で高松城跡。お城跡と言うより綺麗な公園って感じですかね。
2019.07.31-006.JPG

瀬戸内海の海水をお堀に引き込んだ此処は日本三大水城の一つ
2019.07.31-005.JPG

此処だけでしょうかね、お城らしい雰囲気のある場所は。
2019.07.31-002.JPG

誰かさんの御屋敷だったかな?
2019.07.31-001.JPG

調べてみたら、政務が行われる場所、藩主が生活する場所である「披雲閣」だったみたいです。
2019.07.31-004.JPG

次に行ったのが大名庭園(日本庭園)の栗林公園
2019.07.31-007.JPG

此処の方が高松城より良かったですね。偃月橋をバックに。
2019.07.31-012.JPG

広大な敷地には六つの池、十三の築山があります。
2019.07.31-010.JPG

家内の後ろでは、約30分かけて南湖を一周する和船が見えます。
2019.07.31-011.JPG

写真より汗を拭き拭き。
2019.07.31-009.JPG

富士山を模した築山の「飛来峰(ひらいほう)」から紫雲山を背景にした掬月亭と偃月橋の眺め
2019.07.31-014.JPG

中国人カップルがおり、写真を撮影し合いました。
個人旅行の中国・韓国人はマナーも良く、英語もそこそこに通じるので好印象です。ただねぇ、5〜6人以上の団体は、昔の日本人の農協ツアーみたいなものかなぁ・・・。大声で話しウルサイ、自国の習慣、ルールのままで行動する。
2019.07.31-013.JPG

タイでゴルフをしていると、キャディは韓国人だと嫌がります。
彼らは東南アジア人を格下に見ているのが良く分かりますし、自分が悪いのにキャディのせいにしたり、ボールが池に入っているのに何時までも探せと言ったりしているようです。池に突き落とされたキャディも居ます。
私達から見ても、皆プレーが遅いのに(ほぼ全員がカートを使っています)全然後ろの組を気にしていないし、スルーもさせてくれない。
HDCPが20以上だと思うプレーヤーばかりなのにバックティから打つ。グリーンでプロ並みに時間をかける。

私達のキャディはもう4年位になるので、色々な話を教えてくれます。
2019.10.23-10.JPG

そうそう、キャディのチップですが、ガイドブックには200バーツ(720円)って書いてあるのを未だ見ます。これは昔の話で、今は300バーツ(1,080円)以上です。料金を払うプロショップに料金表が貼ってありますから、キャディフィと同額位を渡せば問題ないです。
一時期 キャディが「日本人はケチだから嫌!」と言っていた時期が有ります。ガイドブック通りに全員が200バーツを払っていたのが理由らしいです。

※ 7/31 #2へ続く ※ 
posted by きみ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2019年11月21日

四国一周 #13

※続き※ #4

7月30日(月) 四国 6日目 徳島〜鳴門海峡〜徳島

お参りも終わり、今晩の宿泊ホテルに向かいます。80Kmの行程です。
徳島の瀬戸大橋の近くの「湯元さぬき瀬戸大橋温泉 せとうちそう」です。

最近宿泊した中で一番良かったですね。
スタッフもベテランの方が多く、「あれっ?!」って感じで最初は思いましたが、ほぼすべてに満足でした。ホテルは老朽化が進んでいますが、順次リニューアルしてあり全然問題ありません。
2018.07.30-32.jpg

広さ50uの和室8畳部分と洋室ツイン部分の禁煙の和洋室
2018.07.30-33.jpg

感じ方は人様々でしょうが、お薦めのホテルです。
ホテルのキャッチコピーが、『人のぬくもり』を感じていただける宿
2018.07.30-34.jpg

ベースは日本料理です。タイミングよく料理を出してくれます。
2018.07.30-35.jpg

瀬戸内の美味しい食材を使って、フレンチっぽくしてあったりとか、調理人のセンスを感じる料理です。
2018.07.30-36.jpg

お腹も一杯になり「もう食べれません」って断ったところ、「最後の鯛茶漬けを残しても結構ですから、是非食べて下さい」と言われ、渋々了解し、食しました。
これが絶品! 魚嫌いな私が「美味〜い!」

そしてデザートまで食べれちゃいました。
2018.07.30-37.jpg
「スマホで撮影しましょうか?」ってホールスタッフの方から言われての1枚

アルカリ美肌温泉
lnss_bw600h450.jpg

展望風呂
7m0t_bw600h450.jpg

夜8時から無料のホテルバスに乗って瀬戸大橋公園の頂上展望台で瀬戸内の夜景を見に行けます。
3ltp_bw480h360.jpg
ホテルのHPより拝借
2018.07.30-40.jpg
橋の道路下を電車が走っています。
2018.07.30-38.jpg

明日は高松と丸亀に行きます。
posted by きみ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年11月16日

四国一周 #12

※続き※ #3

7月30日(月) 四国 6日目 徳島〜鳴門海峡〜徳島

徳島と言えば「阿波踊り」

阿波おどり会館に行って来ました。
2018.07.30-24.jpg

阿波踊りの基本を教えて貰っています。
2018.07.30-22.jpg

観客を舞台に上げての阿波踊りです。
2018.07.30-23.jpg

出演者との記念写真(タイのおかまショーと違いチップなどは取られませ〜〜ん)
2018.07.30-25.jpg

そして四国と言えば四国八十八箇所を巡拝する四国遍路
四国八十八箇所は、四国にある空海(弘法大師)ゆかりの88か所の寺院の総称だそうです。
2018.07.30-26.jpg

順番に回る必要はありませんが、此処は第一番の「霊山寺」
2018.07.30-28.jpg

趣のあるお寺です。
2018.07.30-27.jpg

そんなに大きなお寺では有りませんが、歴史を感じますね。
2018.07.30-29.jpg

浅草の浅草寺でも、此処「霊山寺」でも、先ずは直樹の病気の祈願を。
2018.07.30-30.jpg
浅草寺でも此処でも直樹の状態を話し、そして頂いた御守を直樹は最後まで身に着けてくれましたが・・・。


※続く※ #4へ
posted by きみ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年11月11日

四国一周 #11

※続き※ #2

7月30日(月) 四国 6日目 徳島〜鳴門海峡〜徳島

鳴門海峡の渦潮を見た後は、これも定番の「大塚国際美術館」

入館料は3,240円で二人で当たり前に6,480円。う〜〜ん!
2018.07.30-16.jpg

世界の名画1000余点を陶板画で再現した美術館。
2018.07.30-17.jpg

全て実物大
2018.07.30-13.jpg

本人が旗を持ちたかったようで・・
2018.07.30-14.jpg

こんな対比は2度とないでしょう。
2018.07.30-15.jpg

めちゃくちゃ広く迷子になってしまいます。
2018.07.30-18.jpg

大きさも全て正確に作られていますので、この作品はこんなに大きかったんだと。
2018.07.30-19.jpg

全てレプリカですが、評判も非常に良いみたいです。
2018.07.30-20.jpg

複製を作って展示の許可も取れたのは凄い事です。
2018.07.30-21.jpg

芸術に縁のない私には「ふ〜ん、こんな感じなんだ」って位の印象。
確かに教科書や色々な本で見た芸術品が、レプリカとは言え見れるので、きっと素晴らしいのでしょうけど。

評価は芸術家と俄か芸術家にお任せする方が宜しいようで。

※続く※ #3
posted by きみ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2019年11月05日

四国一周 #10

7月30日(月) 四国 6日目 徳島〜鳴門海峡〜徳島

昨晩は徳島に宿泊をし、今朝一番で鳴門海峡に来ました。
先ずは鳴門海峡を一望できる鳴門公園の千畳敷展望台に行き、そこから大鳴門橋遊歩道 渦の道です。

2019.7.30-01.jpg

こんな感じで橋の下を歩きます。結構な長さが有ります。
2019.7.30-06.jpg

何ヶ所か有る眺望ガラス床から下の渦を見る事が出来ます。
2019.7.30-02.jpg

良いポイントに眺望ガラス床が有ります。
2019.7.30-04.jpg

こんな感じで船が遊覧しています。
2019.7.30-05.jpg

瀬戸内海と紀伊水道が出合う鳴門海峡
2019.7.30-07.jpg

潮の干満により1.5メートルの落差ができ、高い方から低い方へ勢いよく流れ込み非常に早い潮流を作りだします。
2019.7.30-08.jpg

鳴門海峡の海底は中央部が深く、鳴門と淡路の両岸は浅い構造であるため、非常に早い本流と比較的緩やかな両岸付近の流れの境目で本流の流れに巻き込まれる形でうず潮が発生すると言われています。
2019.7.30-09.jpg

かなり近くまで遊覧船が寄ってくれます。
2019.7.30-10.jpg

こんな感じの大きくない船を選びました。
2019.7.30-12.jpg

満足です。四国は見所が多いですが、此処もその一つ。

※続く※
posted by きみ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年11月02日

四国一周 #9

※続き※

7月29日(日) 四国 5日目 大歩危小歩危〜徳島

大歩危〜四国を横切る吉野川によって創られた約8kmにわたる渓谷です。
2019.07.30-10.jpg

ここは定番の遊覧船に乗らなければだめでしょうと言う事で
2019.07.30-11.jpg

こんな感じの遊覧船です。
2019.07.30-12.jpg

若い方達はラフティングで楽しんでいます。
1日コースと半日コースが有るみたいですが、時間的に厳しいのと年寄りは安全にと言う事で遊覧船をチョイス。
2019.07.30-13.jpg

祖谷(いや)の「かずら橋」
2019.07.30-15.jpg

へっぴりこしで手すりにつかまっています。戻りたそうですが、一方通行で戻れません。「揺れる〜〜!」
2019.07.30-16.jpg

野生のシラクチカズラを編んで作られた橋ですが、現在はワイヤーなどで補強しています。
2019.07.30-17.jpg

高さは14m、実際はもっと高く感じます。
2019.07.30-15a.jpg

あともう少し。
2019.07.30-18.jpg

「やったぁ!!」感の満面の笑み
2019.07.30-19.jpg

こんな感じです。
2019.07.30-20.jpg

「小便小僧」を見ようと、四国の狭く曲がりくねった道をひたすらに登って行きました。
2019.07.30-23.jpg
(写真はガイドブックより拝借)

雷の凄い音がするし、雨も強く、道路も狭く対向車が来ると若干広い所で待たなければ無理、それでもギリギリ。兎に角運転に集中です。
2019.07.30-21.jpg

そんな訳で道は間違えなかったけれど、「小便小僧」を見つけられず・・・。
2019.07.30-24.jpg
(写真はガイドブックより拝借)

疲れました。北海道の道路は素晴らしい!
徳島では出かける気にもなれず、コンビニで買ったきた夕食で〜す。
2019.07.30-22.jpg
posted by きみ at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月27日

四国一周 #8

7月29日(日) 四国 5日目 高知〜大歩危小歩危〜徳島

高知市内は見どころも多く、今回のメインです。
ヤッパリ龍馬ですね。でも切がないので、昨日行った龍馬記念館で満足させ、今日は高知城 他です。

佐藩初代藩主・山内一豊により創建、約400年余りの歴史を持つ「高知城」。江戸時代から天守が現存している12城のひとつ

「追手門」高知城の表門
2019.07.30-01.jpg
散歩中の地元の方が写真を撮ってあげるよと撮影してくれました。
旅の良さですね。感謝!感謝!

板垣退助像〜自由民権運動の父、「板垣死すとも自由は死せず」
2019.07.30-02.jpg

高知城内でボランティアガイドさんに案内を御願いし、色々と教えて頂きました。

手前の建物の上部が城壁より前に張り出しています。後ろに見えるのは張り出していません。理由は分からないそうです。
2019.07.30-03.jpg

拡大したのがこれです。
2019.07.03-03a.jpg

天守をバックに1枚
2019.07.30-05.jpg

右が詰門、左奥が天守(ガイドさんはここまでです)
2019.07.30-04.jpg

タイムスリップしたような写真です。
2019.07.30-06.jpg

姫路城はもう一度行きたいお城筆頭ですが、高知城も天守だけでなく全体が素晴らしいお城でした。
2019.07.30-08.jpg

土佐藩初代藩主・山内一豊
2019.07.30-07.jpg

161年に、ほぼ全ての建物が完成し、1727年には、城下町の大火で追手門以外の建造物を焼失。1753年までに創建当時の姿に再建。その後、廃城令により本丸と周辺の建造物、追手門のみが残され、1874年に高知公園として生まれ変わりました。


母と息子でお遍路していました。御主人が亡くなったのでしょうか・・・。
2019.07.30-09.jpg
竹林寺公園に有る竹林寺で

※続く※ 大歩危〜徳島
posted by きみ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月23日

四国一周 #7

※続き※
7月28日(土) 四国 4日目 四万十川〜高知

高知市内は廻りきれないので、明日のお楽しみにしました。

晩飯です。色々と美味しいものが有ります。
2019.07.28-21.jpg

魚嫌いな私ですが、「カツオのタタキ」は外せませんね。
2019.07.28-13.JPG

「カツオのタタキ」で有名な「明神丸」が歩いて行けるので此処で夕食です。
2019.07.28-15.JPG
 
美味しい!
2019.07.28-14.JPG

夕食後にプラプラと歩いていると「よさこい祭り」に備えて公園で練習中に遭遇。
2019.07.28-17.JPG

小さい子たちも上手に踊っていました。
2019.07.28-16.JPG

皆さん汗びっしょりで練習していましたが、第66回の今年は台風で中止となりました。
残念!!
2019.07.28-18.JPG

此処の小さな橋が「はりまや橋」
2019.07.28-20.JPG

札幌の時計台と一緒で、吃驚するくらいの、めっちゃ小さな橋です。
2019.07.28-19.JPG
posted by きみ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月17日

四国一周 #6

※続き※
7月28日(土) 四国 4日目 四万十川〜高知

高知と言えば「坂本龍馬」ですね。

先ずは高知県立坂本龍馬記念館(2018/4に新館が開館)
2019.07.28-07.JPG

地下2階には龍馬の手紙。真物4通を含め40通があります。
2019.07.28-08.JPG

皆さんが最も知っているだろう龍馬の写真と。
2019.07.28-09.JPG

斬殺された近江屋の部屋に血染めの掛け軸と一緒に有った屏風(複製〜現物は京都国立博物館所蔵)
2019.07.28-09a.JPG

龍馬像と握手し満足 (^^♪
2019.07.28-10.JPG

桂浜公園に有る龍馬像(1928年高知県の青年有志が募金を募り建立。台座を含め13.5m)
2019.07.28-11.JPG

此処が有名な「桂浜」
2019.07.28-12.JPG
posted by きみ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記